ラジコンヘリコプターの操縦のコツと練習方法

ラジコン操縦のヘリコプターはラジコン飛行機同様に空に飛ばすものですが、その操縦のコツはずいぶんと異なります。
ラジコン飛行機を経験している人なら、上空でスピードが出ていれば同じような感覚で操縦できるともいますが、それでもラジコンヘリコプター独特のホバリングは簡単にはマスターできないようです。
ホバリングとは空中静止のことで、垂直上昇などと共にヘリコプター独自の飛行状態です。
実際の操作ですが、ラジコンヘリコプターを操作するコントローラーはプロポといい一般的に2本のスティックで操作するものです。
右側スティックを上下するとスロットル操作となり、上側が機体上昇で下側が機体降下となります。
同じ右側スティックの左右はエルロン操作となり、左側で機体が左に傾き、右側で機体が右に傾きます。
左側スティックは上下させるとエレベーター操作となり、上側は機体が前に傾き前進し、下側は機体が後ろに傾いて後進します。
左側スティックの左右はラダー操作といって、左側で機首が左を向き、右側で機首が右を向きます。
これらの操縦を2本のスティックで 常に複数同時に操作するのがラジコンヘリコプターなのです。
こう説明すると非常にややこしい感じなのですが、慣れてくれば、ヘリコプターの動きを見てから操作するのではなく、事前に操作をするようになっていくものです。
初心者の人は、こうした説明を聞いてもなかなか理解しにくいものだと思いますから、是非一度 実際に飛ばせている飛行場で見学することをお勧めします。
たいていは専用飛行場を使用していますが、関心があって見学するだけなら問題ないと思いますし、歓迎してくれるはずです。
そしてとにかく上級者が飛ばしているラジコンヘリコプターを見てみましょう。
ヘリコプターの正確なホバリングやダイナミックな上空演技などに驚きを感じるはずです。
さて、練習の方法ですが、始めから本物の機体で練習する人は実は殆どいないのです。
何しろ、失敗イコール墜落ですから機体がいくつあっても足りません。

そこでシミュレーターというものが登場します。
まずシミュレーターを買って、十分に練習して一通り飛ばせるようになることが先決です。
プロポセッティングはネットサイトにもありますのでそれを参考にしてください。
このシミュレーターで、全ての方向のホバリング、ピルエット(その場でのラダーターン)ループ、ロールなどをできるようにしてください。
更に今度は風を強くするなど飛行条件を悪くして練習し、普通に飛ばせるようにがんばりましょう。
なかなか難しいものなので努力が必要ですが、この後に楽しみが待っているのですからここが我慢のしどころです。
さて、次はいよいよ機材の購入ですが、機体とエンジンで50000円程度です。
高いものはきりがない位に高価ですが初めは必要ありません。
中級クラスのプロポとサーボはやはり50000円程度です。
それ以外には、ジャイロ、スターター、スターターシャフト、プラグスターターなどが必要となります。
ネット通販で販売している「初心者用フルセット」もこれに消耗品類を加えたような内容となっているものが殆どのようで、15万円までに納まっているようです。
しかし、墜落する度に出費がかさみますから、事前の練習は十分に行ってくださいね。

関連ページ

ラジコンヘリコプターの種類って?
ラジコンといえば子供のおもちゃ、と思っていませんか?実はラジコンは子供だけではなく大人でも楽しめる要素がたくさん詰まっています。このサイトでは、ラジコンの基本知識やテクニックを紹介しています。
ラジコンヘリの種類と特徴
ラジコンといえば子供のおもちゃ、と思っていませんか?実はラジコンは子供だけではなく大人でも楽しめる要素がたくさん詰まっています。このサイトでは、ラジコンの基本知識やテクニックを紹介しています。