ラジコンという趣味の楽しみ方

ラジコンカーの種類と特徴

ここでは大人向けの本格的なラジコンカーについてお話したいと思います。
まず、ラジコンカーでどう楽しむかについてですが、大きく6つ位に分類できそうです。
まずはレジャー派で、これは公園などの広場で家族や友達と楽しむグループです。
まず始める動機としてはこういう楽しみ方を想定する人が一番多いでしょう。
次はスケールモデル派で、フェラーリやポルシェなど憧れの自動車の模型を操縦して楽しむという、どちらかと言えばプラモデルの延長線としてラジコンカーもやっている人たちです。
従って速さよりボディの格好良さや仕上がりの良さなど、実際の車らしい走り方の方を重視するようです。
そしてはずせないのがレース派です。
現在ラジコンカーレースは盛んであり、各地で頻繁に開催されています。
レースに出て人より速く走るのは気持ちがいいですからね。
実際、かなりのウエイトを占める人がレースを楽しんでいます。
それから、もうひとつの競技がドリフトイベントです。
レース同様にドリフトイベントもたくさん開催されています。
このイベントでは派手で目立った者勝ちなのですが、自作も含めた工作ホビーとして夢中になる人が存在しています。
又、この自作の工作を中心としたグループもいます。
この人たちは、自分で設計したボディで市販ボディ車とレースするのを楽しみとしています。
純粋な速さよりも「自分の作ったボディを走らせる」ということにこだわっていて、市販車と対等に戦えた時にそれが喜びとなる「自作派」グループです。

更に少数派ではありますが、ラジコンカーに計測機器やセンサーを搭載させて自動車の運動解析をするエンジニア派もいます。
ボディの種類としてはF1やルマンカータイプ、ツーリングタイプ、オフロードタイプがメインとなっています。
F1やルマンカータイプとツーリングタイプは実在の自動車をリアルに再現したものがベースとなっていますが、オフロードタイプは実車にこだわらないラジコンカー専用のデザインになっているのが特徴です。
他にもモンスターと呼ばれるトラックの大きなタイヤを装着させて走破性を競うためのカテゴリーもあります。
ボディの大きさですが、スモールスケール、12分の1、10分の1、8分の1、ビッグスケールなどに分かれており、10分の1サイズはどのカテゴリーにもある中心的な存在となっています。
コントローラーは実際の自動車とは異なる方法ですが、慣れれば自由自在に前後左右に操縦できるようになります。
一度コントローラーを持ったらあなたもラジコンカーの魅力に取りつかれるかもしれませんよ。

お役立ちサイト・関連サイトの紹介です。

借金返済の相談を女性専用窓口から
借金返済に参っている女性の人。女性専用の相談窓口を使って、無料相談してはいかがでしょう?

 

電話ですぐに借金返済相談ができるところ
借金が返せずに弱っている人、一人で悩んでないで、今すぐ電話で無料相談してはいかがでしょうか?司法書士・弁護士に、借金を返済する手助けをしてもらいましょう。

 

神奈川県/藤沢市_女性対応-弁護士と司法書士

 

弁護士 借金 無料相談
借金の無料相談、弁護士・司法書士が承ります。借金返済で困ったら、弁護士や司法書士などのプロに頼ってみませんか?